HOME 各種サービスの紹介 クラウドとの融合サービス

クラウドとは

"必要な時に必要なだけ"使えるネットワークの醍醐味を

クラウドとは、インターネット上にあるハードウェア、ソフトウェア、データを利用できる技術のことです。最大のメリットは"必要な時に必要なだけ"使える点にあり、柔軟性が非常に高いのです。従来、サーバーの準備期間が1ヵ月近く必要でした。ところがクラウドなら、わずか数時間でサーバーの利用を開始出来ます。またサーバーのキャパシティも柔軟に拡張・縮小でき、上限もほぼありません。

クラウド型サーバーは、あくまでも選択肢のひとつです。たしかにクラウド型サーバーのメリットは大きいのですが、まだセキュリティや安定性の面で不安があります。また、料金が従量課金制のため、大規模サイトになるとコストがかさむというデメリットもあります。
よって、お客様の状況に応じて、サーバーの運用管理法を変える必要があります。たとえば、コーポレートサイトなら安価なレンタルサーバーを使う。スタートアップ段階のWebサービスや、アクセス数が突発的に増えやすいソーシャルアプリなら、クラウド型サーバーを使う。そして大規模なWebサービスならデータセンターか、当社の提供しているMSPサービスを使うといいと考えています。

サーバー運用管理法 比較

ページ上部へもどる